ドライバーとお客様の大切な荷物の安全を第一に考えます!

関東運輸ではドライバーとお客様の商品の安全を第一に考え、行動しています。

お客様からお預かりしている荷物はもちろん、ドライバーの安全も守るため、社員教育や適切な運行管理、車両設備機器への投資など、様々な取り組みを行っています。

安全への取り組み

安全機器の車両搭載

トラックには最新の設備機器を導入しています。
バックアイモニターを搭載しており、後方の危険を確認し、バック時の事故を防ぎます。
また、ドライブレコーダーやデジタコも設置し、急発進や急加速など、危険運転をしていないか、
確認・指導しています。

Gマーク認定

全日本トラック協会による「Gマーク制度(貨物自動車事業安全性評価事業)」の認定を受けています。
全国でもまだ全事業所の25%ほどしか認定されておりませんが、関東運輸はその安全性を評価されています。

品質向上への取り組み

ドライバー講習の実施

社内の安全管理室の講師が、月に一度各拠点を回り、KYTやその月ごとの強化ポイントを講習していきます。
ドライバーは講習を受けることで品質・安全への知識を深め、事故防止に努めます。

労働環境・車両整備の取り組み

労働環境について、月に一度会社と労働組合で話し合いが持たれます。
ドライバーの労働環境の報告など、会社と社員とのコミュニケーションの場として活用されています。
また、自社整備工場で、定期的にトラックメンテナンスを行い、常に整備された車両で、運行しています。

朝礼・点呼の徹底

各営業所で朝礼を行い、単なる業務連絡だけでなく、安全事例やお客様情報を共有しています。
また、アルコールチェックや服装・身だしなみの確認など、点呼も徹底し、
毎朝出庫前に気持ちを引き締めています。

環境保護への取り組み

グリーン経営認証の取得

環境保全に対する取り組みが認められ、「グリーン経営認証」を取得しています。
さらに、10年継続して認証登録された事業所に対しての『永年登録事業所表彰』も受賞しています。
また、環境の取り組みとして、年に2度、各営業所近隣の清掃活動を当社社員が実施しています。
歩道脇の雑草を刈り取ることで、環境整備すると同時に、ドライバーの安全意識を高めています。